10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
クリスマスツリー
うちの周りにも、クリスマスツリーが飾られているお店が目立ってきました。
もう、そんな時期なのねぇ・・・早い早いっ!

子供たちにも、せかされ我が家もツリーを出すことにしました。
といっても、我が家のツリー、約60センチほどの小さなもの。
実は、私が子供のときに飾ってたツリー。

その後、子供たちと、紙粘土で作ったり、アイロンビーズで作ったオーナメントを年々飾ってきましたが、ツリーが小さいだけあって、パっとしません。(^。^;)
それなのに、子供たちは、誰がどれを飾るかとケンカ。
そんな姿を見て、今年こそは、もっと大きなツリーを買ってあげようかな~と思いましたよ。

毎年、買おうかと思いつつも、何故か買う機会がなかったんだよね。
私は、ファイバーのが欲しいんだけどな。

そうそう!サンタさんの存在も、今年は長女が微妙かも・・・(^▽^;)
周りの友達は、サンタさん=親だってことを言ってる子も多いし、もうごまかしがきかないような気もするなぁ・・・
我が家の三姉妹は、今年はどんなプレゼントをお願いするんだろ?



読んだ本
どろぼうがないた どろぼうがないた
杉川 としひろ (2007/11)
冨山房インターナショナル

この商品の詳細を見る

タイトルに惹かれ図書館新刊コーナーから借りてきました。
とっても、絵も優しい感じで素敵です。

2つの国にはさまれた所に住んでいたどろぼう。
いろんな家に入っては、物を盗み生活していました。

あるとき盗みに入った家で、見つかりそうになり急いで逃げます。
とっさにつかんだ1つの箱。
中には、小さな鉢。
気づけば、そこから芽が出て、やがて葉をつけます。
毎日、芽に話しかけ、育っていくのを見るうち、どろぼうの心は変わっていきます。
今まで盗んだものを返し、家の裏に野菜畑を作ることに楽しみを覚えます。小さな鉢の苗も畑に植え替えました。

出来た野菜は、市場へ売りに行き、売ったお金で、絵の道具を買います。植え替えた苗につぼみがついたのです。
いつか花が咲いたら、その絵を描こうと思ったどろぼう。そこに・・・
2つの国で戦争が起こるのです。

私は好きな感じのお話でしたよ。



ランキングに参加してます。ポチっとな。よろしくです。(o*。_。)oペコッ




スポンサーサイト
優しい気持ちになれそうな本トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
| ホーム |
プロフィール

sabo

Author:sabo
小1、小5、中1の3姉妹のママです。(^O^)
元保育士。現在、専業主婦。
小学校での読み聞かせボランティアも7年目に突入しました。
日々のつぶやきと、ともに寝る前に読んだ本も紹介してます。ご参考までに・・・(o^-^o)

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。